ポケットモンスターXY 破壊の繭とディアンシー

この映画は2014年に公開されたポケモン映画17作目です。本編では、幻のポケモン「ディアンシー」が「聖なるダイヤ」を作れるようになるために、伝説のポケモンゼルネアスに会う目的で旅を始めるシーンから始まります。「聖なるダイヤ」とはディアンシーの国を守るために使うワザのことです。ちなみにタイトルにもある「破壊の繭」というのは、伝説のポケモンイベルタルのことです。
おなじみ主人公サトシとその一行はエリートトレーナーとバトルをしたあと、盗賊に襲われているディアンシーを目撃します。ディアンシーを助けたサトシたちはレストラン食事をするのですが、今度はロケット団がディアンシーを誘拐してしまうのでした。ロケット団はディアンシーの作るダイヤモンドを狙っていました。アジトに戻ったロケット団はディアンシーにダイヤモンドを作るよう要求するとディアンシーはテレパシーを使って「いいですよ」とあっさり引き受けたものだから拍子抜け。ディアンシーは大量のダイヤモンドを作ってくれたのでロケット団から開放されましたが、時間が経過すると、なんとダイヤモンドは消えてしまい、ロケット団はがっかり。ディアンシーには完全な「聖なるダイヤ」がまだ作れないのです。
そこで、サトシはディアンシーに協力することを決意しました。キーポケモンとなるゼルネアスに会いに行く旅が始まります。
この映画で注目キャラクターはやっぱりディアンシーですね。今までの幻のポケモンと比べても個人的に1番かわいいポケモンです。旅の途中ショッピングモールでセレナとユリーカに誘われて買い物を楽しんでいるところもかわいかったですし、危機的状況で泣き顔を見せるシーンもかわいらしいので、愛嬌たっぷりな存在だったと思います。それだけではなく、ディアンシーが「聖なるダイヤ」を作れるようになりたいという強い思いも伝わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です